BLOG

<< 【本】 『大江戸歌舞伎はこんなもの』 橋本治 | main | 【映画】 『乾杯!ごきげん野郎』 >>
 

謹賀新年、あるいは初笑いについて。

2007.01.01 Monday

あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願い致します。



今年は珍しく年末年始らしい過ごし方をしています。大晦日にカウントダウンイベントに行き、新年に初詣に行き、そのままずっとTVでお笑い番組を見ながら更新中。

お正月の漫才・コント大会は、毎年楽しみにしています。普段あまりTVに出てこないお笑い芸人たちがここぞとばかりに練ったネタを披露してくれるので、効率が良いなと思いまして(今現在までに見た中で面白かったのは、磁石、キャンキャン、ハリセンボン、バカリズム、二丁拳銃などなど。ベテランの域に入っている芸人さんもいますが、なかなかゴールデンタイムには出てこないですものねー)。

ちなみに、最近、ゴールデンタイムに出てくる(若手)お笑い芸人って、あんまり面白くないなぁと思いませんか? お笑いブームでお笑いのレベルが低くなったのか、忙しすぎてネタを練る暇もないのか、理由はいろいろあるんでしょうけれども、コント番組なんか見ても全然笑えないのです……(世代の問題でしょうか?)。でも今朝お正月番組を見て、ちゃんと面白いお笑い芸人はいるのねと嬉しくなりました。

結局、お笑い芸人をTVのゴールデンタイム番組に出す場合、面白いかどうかということと同じくらい、アイドル的要素や芸能人的要素も重視せざるを得ないんでしょうね。だから、お笑いのレベルはそれほど高くなくても、年齢が若いとか、顔がカワイイとか、TV受けする明るいキャラクターだとか、誰それさんが絡みやすいとか、そういうことでTV的に重宝されるかされないかが決るのだろうなぁ。そんなことを考えながら、引き続き夜までお笑い番組を見る予定……(そろそろ眠い…)。

そんなわけですが、今年もどうぞよろしくお願い致します!

 
前のページへ|次のページへ