BLOG

<< 【着物】 着付け講座in月影屋のレポートと、8月開催のお知らせ★ | main | 【映画】 「美女とキモノ。または、映画におけるキモノ美女の研究」、もしくは、自己完結燃焼継続ツールとしての映画について。 >>
 

【日舞】 10/31「小唄in神楽坂」に踊りで出演いたします! もしくは、自分が自分で自分を楽しむ方法について。

2010.09.22 Wednesday

最近は忙しいというのを言い訳にtwitterばかりやってましたが、そろそろ毎日チェックするのが追いつかなくなってきた、初秋。今日も夏のように蒸し暑いですが、来週からは涼しくなるらしいですね(というセリフはもう何度も聞いた気がする)。

今年の夏はとにかく猛暑すぎた!というわけでこの数ヶ月、仕事以外では「冷房が効いてキンキンに冷えた部屋で本を読みまくる」しかしておりません。すべてのことは「涼しくなってからにしよう」の一言で解決。おそらく、10月くらいから私の夏が始まると思います。そのために体力と気力と経済力を温存(ある意味、冷蔵)していた、というワケ!

…なんてことをいくらでも思いつく自分の言い訳癖というか詭弁癖みたいなものの、滑稽さよ〜。でもそうやって自分の滑稽さをいち早く見つけて笑うことによって、実際たいして面白くもない現実を何とか面白がって生きていける、っていうこともあるんですよ〜。たぶん。これは自虐趣味とは全然別のことで、ある意味で、自分を客観視するって、それはそれで本人的にはエンターテイメントでもありうると思うんです。

えー意味わかんない、って思う人もいるかもしれませんけど、「他人を笑うよりは、自分を笑ったほうが、良心が傷つかなくて気持ち的にラクだし、自分がどれだけ自分を偽ったりミエ張ったり嘘ついたり誤魔化したりしてるかわかるとコメディ映画見てるみたいで笑えるし面白い」って感じる種類の人って、結構いるんですよね…。でもそういう視点で自分を笑うには、自分をさらに上から見るメタ視点が必要なので、たぶんお子様には無理です(と、エラソーに言ってみる)。

ただ、そうやって自分で自分を笑う面白がるという視点を持つのはいいけど、それを他人にも押し付けようとすると、それはそれで非常にうっとおしい人になるので(笑)、あくまでも「自分が自分で自分を楽しむための方法」と心得たほうがよき哉、とは思いましたー(自戒をこめて)。


なんてことはいいとして。さっそくですが、お知らせです〜!

10月31日(日)に、文筆家であり小唄師でもある宮澤やすみさん(著書はこちら)主催の、毎年恒例の人気イベント「小唄 in 神楽坂」に、今年も踊りで参加させていただくことになりました! 早いもので、踊りで参加するのは今年でなんと5年目! うわー。最初に参加した時って、若かったんだなぁ…なんて私以外にとってはどうでもいい話題ですすみません。皆さま、ぜひいらしてくださいね!


「小唄 in 神楽坂」 (神楽坂まち飛びフェスタ参加企画)

   日時 : 10/31(日)  14:30open 15:00start
   場所 : 神楽坂・毘沙門天(善国寺) 書院 
          (JR、地下鉄飯田橋駅B3出口 徒歩5分 MAP) 
   料金 : 前売2000円、当日2500円 
          前売券(webでも購入可)についてはこちら
   出演 : 扇和やす(=宮澤やすみ) (三味線、唄)、
         花柳なぎ嘉乃(=井嶋ナギ) (踊り)
   ■詳細は、こちらへ。



ちなみに、このイベントを主催している宮澤やすみさんが、BSで放送予定の「熱中スタジアム」に、仏像ナビゲーターとして出演されるそうですー! 奈良の有名なお寺や仏像などをわかりやすく紹介してくれるそうなのです。必見ですね♪
   ■放送予定: BS-2 10月15日 22:00〜、BS-Hi 10月14日 19:00〜
  




 
前のページへ|次のページへ