BLOG

<< 【雑記】 前髪の話と、47歳のサユリの美を堪能する『外科室』の話。 | main | 【着物】 「アヒル口」本での着物とか髪型とか。 >>
 

【告知】 5/23  第42回西荻ブックマーク 島本理生×井嶋ナギトークショー「衣装としてのキモノ、文学としてのキモノ」 

2010.04.02 Friday

来月の5月23日に、人気作家の島本理生さんと、トークイベントを行うことになりました! キモノがお好きで普段からよく着ているという理生さんと、「キモノと文学、作家と恋愛」をテーマにお話しする予定です。

特に、たいていの女性にとってオシャレと人生は切り離せないものという意味からも、明治から昭和にかけての女流作家を例に挙げながら、彼女たちのキモノの着こなしや接し方、そして彼女たちの文学、そして彼女たちの恋愛や生き方についてまでをからめてお話できたらと思っています。また、作家としての島本理生さんの創作秘話などもお聞きしたいと思っています! ぜひぜひいらっしゃってくださいね…!   

nbm_chirashi_small.jpg  【第42回西荻ブックマーク】
  島本理生×井嶋ナギトークショー
  「衣装としてのキモノ、文学としてのキモノ」
  〜キモノと文学と、作家と恋愛〜

  今やお洒落の選択肢のひとつとして
  定着しつつある、キモノ。
  今をときめく人気若手作家・島本理生と、
  『色っぽいキモノ』著者・井嶋ナギが、
  キモノのルールからキモノ文化論に至るまで、
  縦横無尽に語り尽くします!

  ↑ 上記のチラシ画像をクリックすると、大きい画像がポップアップします。

  【詳細】
  日程:5月23日(日)
  開場:16:30/開演:17:00/終演:19:00
  料金:1500円
  会場:こけし屋別館2階
  定員:100名
  予約受付開始日:4月23日(金)
  詳細は、西荻ブックマークのサイトをご覧ください。


■島本理生(しまもと りお)
1983年生まれ。2001年『シルエット』でデビュー。2003年『リトル・バイ・リトル』で野間文芸新人賞を受賞。著作に『ナラタージュ』『真綿荘の住人たち』など。
島本理生 Official Website http://www.shimamotorio.com/

■井嶋ナギ (いじま なぎ)
着物や歌舞伎などの日本文化を「現代の生きた文脈で捉えること」を課題とする文筆家。日本舞踊花柳流名取として舞台にも立つ。著書に『色っぽいキモノ』(河出書房新社)。
井嶋ナギウェブサイト「放蕩娘の縞々ストッキング!」http://www.nagii.org/


ちなみにですが、島本理生さんの最新刊『真綿荘の住人たち』(文藝春秋)、ものすごく面白かったです! 

真綿荘に住む人々を描いた6編の物語集。好きだとか嫌いだとか、恋愛だとか友情だとか、そんなハッキリした言葉では言い表せない関係って、ありますよね? そうしたうまく表現できないもどかしい関係や、白黒つけられない微妙な心理、宙ぶらりんの状態ギリギリでバランスを保っているひとたちを、丁寧に優しく、そしてユーモラスに描いたお話。ぜひぜひ読んでみてくださいね。



JUGEMテーマ:読書

 
前のページへ|次のページへ