BLOG

<< 【歌舞伎】 歌舞伎ブログ更新しました 〜3回連続シリーズ(?)『菅原伝授手習鑑』「車引」 | main | 【雑記】 前髪の話と、47歳のサユリの美を堪能する『外科室』の話。 >>
 

【雑記】 「メレンゲの気持ち」にエキストラ出演しました! もしくは、Buzzとかtwitterなどの「つながり」について。

2010.02.12 Friday

私は、GmailやGoogleを愛用している者です。

が。昨日イキナリ「バズ(Google Buzz)」とかいう新機能がGmailに追加されており、「このチャットとtwitterが混ざったような中途半端さは何なんだ?」と思っていると、なんと、連絡先リストに入っている(Gmailにアカウントを持っている)知人のバズを勝手に私がフォローしていることになっているではないですかー! ということは、私のバズを意図せずしてフォローしてしまっている知人も何人かいるにチガいないわけで、ちょいと憤りました。 (左画像は、7年前に使っていた中国製シャンデリア)

You Tubeもそうですよね、You Tubeアカウントをいつ作ったか忘れましたが、いつのまにやら他人のYou Tubeアカウントのリンクがズラーっと表示されるようになり、彼らがいつYou Tubeにログインしたかだの、お気に入りに入れている動画はどれだの、動画プレイ回数が何回だの、年齢はいくつだなんてことまで(!)一般公開されてるんですからーー! ということは、自分の情報も他人にさらされてる、ってことなわけで、あわてて情報を「非表示」にしましたけど、年齢まで公開せずともいいのではないでしょうか? おかげで、40歳の知人が「24歳」と登録しているのをうっかり見てしまったじゃないですか……(トホホ)。 

そう言えば、以前、Amazonに新しい機能が追加され、いつの間にか自分の「ウィッシュリスト」が一般公開されているということが判明し、「それはマズい!!」とユーザーみんな大あわて、なんて事件もありましたっけ。

またいつ何の機能が追加されて、いつの間にか個人情報がさらされているなんてことになるんじゃないかと、ヒヤヒヤものです。どんな機能が追加されたって、まぁ使いたい人は使えばいいと思いますが、デフォルトが「一般公開」って、おかしくないですかね? 



Googleも、twitterが流行してるからって、あわててSNS機能をつくらなくてもいいのに。You Tubeアカウントもそうですけど、そんなに「誰かと誰かをつなげたい」のでしょうか? っていうか実際、そんなにみんな「誰かとつながりたい」のでしょうか? 過去に、mixiやって(今は全くログインしてないけど)、ブログやって、twitterまでやってるくせにというか、そういうものを経てきたからこそ思うのが、「そんなに人って、不特定多数の人とつながりたいものかなぁ?」という疑問、です。

もちろん本音としては、いろんな人とつながりたいですけど、つながったらつながったでそれはそれで面倒くさい、っていうのが実際だと思うのですよね。だって、趣味やら年齢やら居場所やらが公開されちゃったら、嘘つけないし、ごまかせないし、せっかくつながった人はある程度は大事にしたいから、テキトーに放置もできないし。となると、目に見えない強制力や拘束力が、結果的に働くことになるんですよね。

そういう点からすると、ゆる〜いつながり、拘束力や強制力のないゆる〜いつながり、という意味で、twitterが受けてるのではないか、と思ったりしました。フォローされたらフォローしかえさなきゃいけない、コメントされたらリプライしなきゃいけない、知人の書き込みを必ずチェックしなきゃいけない、そういう強制力や拘束力が何となく(不文律としてでも)働いているつながりは、もうそろそろ遠慮したい……という雰囲気になっているのが今なのでは? というのが、私の感覚です。

なので、今この時に「バズ」と言われても、なんだか今の時代にマッチしてないなーと思ったのですが、どうでしょうか。原則として、人は誰かとつながりたいものではあるけれど、でもだからといって何でもかんでもつながればいいってもんじゃない。つまり、「強制してほしくない」。要はそれだけ、かも(笑)。



そんなわけで、つなげたくない……ってわけじゃないんですけど、引越ししてから、とある事情でTVをつなげていない日々。だけど先日、チラッとTVに出たんです〜(笑)! というのは、「メレンゲの気持ち」の中の「石塚英彦の通りの達人」コーナーが神楽坂特集で、私が通っている日本舞踊の稽古場が取材されたからです。

私と弟子仲間の嘉瑚女ちゃんが、神楽坂の芸者新道を歩いていたら、石ちゃんこと石塚英彦さんとバッタリ遭遇、我らの師匠花柳美嘉千代先生のお稽古場にご案内し、みんなで一緒に「さくらさくら」を踊る、というちょいエキストラ(?)出演をさせていただきました(笑)。 



以下、TVを撮影してみました↓



神楽坂の芸者新道で、石ちゃんとバッタリ。



「お教室はこちらです〜」



私たちの師匠、花柳美嘉千代先生。



さくら〜さくら〜♪



一発でフリを覚えた石ちゃん。さすがー。



というわけで、楽しかったです! こちらの「メレンゲの気持ち」バックナンバー(2010年2月6日放送)にも載っています〜。



 
前のページへ|次のページへ