BLOG

<< 【着物】 キモノの時の髪型について! 〜ついでに、2009年まとめ。 | main | 【日舞】ペニンシュラホテルで踊りました。もしくは、不況とか、『アバター』とか。 >>
 

【雑記】 謹賀新年。もしくは、小学生に戻る計画(?)について。

2010.01.05 Tuesday



あけましておめでとうございます! ついに、2010年ですね。映画『2001年宇宙の旅』を愛していた小学生の頃の私は、「2010年くらいになれば、そりゃあ太陽も2つできちゃう(by『2010年』)だろうな!!」なんてドキドキワクワクしていましたが、そんな天変地異は起こらず、あいも変わらず小学生の頃と同じようなこと(=本読んで文章書いてバカ笑いして調子にのる)ばかりやっている自分。

というか、むしろ、やっとこのくらいになって、やっと、小学生の頃の自分に戻っていいのではないか? という気がしております。私個人のことを言えば、小学生くらいまでは何の屈託もない自由奔放天真爛漫な子でしたが、中学生くらいから徐々に社会性という名前の鎧というか仮面というか武器というか、そういうものを身に着けてきたように思うのです。もちろんそれらを完全に脱ぐつもりもないし、それは不可能なことですが、しかしそれらを身につけながらも徐々にそれらを透明にしていく……、ということをそろそろやっていってもいいのではないか、と。

いい加減なところは多々ありますが、基本的に真面目な私なので(たぶん)、小学生の頃ずっと「協調性がない」「落ち着きがない」と通知表に書かれ続け、親にもそのことを追及され続けてきた(っていうか、うちの父こそ協調性ゼロの最たるものだと思うんですが……こちら参照)ことに、子どもながらそれなりに傷ついておりまして。中学生の頃から「協調性を身につけなきゃ」と苦労して頑張ってきました。それに、協調性がないとクラスの女子からハジかれますしね、「何あれムカつく!」って言われちゃいますから(経験多々アリ)。

でも今思えば、そんなこと大して意味なかったなぁ、と思うんです。だって、そこまで苦労して頑張ってきたにも関わらず、結局、ほとんど身についてないですからねー、協調性とか社会性(笑)。もちろん、superficialなレベルでの協調性や社会性は身についているかもしれませんが、それはあくまでもsuperficialなものに過ぎないので、結局は精神的にキツかったりする。一昨年、ストレスで片方の耳が聞こえなくなった時に、そろそろ自分をコントロールするやり方を変えないといけないなぁ、と思ったものです。

なので、そろそろいいかな、と。あまり無理して自分を鎧ったりガードしたりしなくても大丈夫な、頑丈な大人になってるんじゃないかな、と。というか、正確に言えば、そんなに私がたいした人間じゃないってことくらい自分も他人もわかってるんだから、あまり無理しなくてもいいんじゃないかな、と(笑)。そんなわけで、2010年は少しずつ小学生に戻れたらいいな、と思っております。

……って、それが新年最初に宣言することか?! ああ、やっぱり、協調性も社会性もゼロですね。トホホ。




そんなことはいいとして、相も変わらない日々を送る私ですが、昨年の大晦日はいつもと違う大晦日でした。大晦日言えばどこかのカウントダウンパーティで踊る♪のが恒例でしたが、今回の大晦日も確かに踊るは踊りましたが、電子音のダンスミュージックで踊るのではなく、踊ったのは和太鼓や三味線でのダンスミュージック。というのも、私の日本舞踊の師匠である花柳美嘉千代先生や、同じ弟子仲間で女優の岡田明香ちゃんが所属している、日本舞踊パフォーマンスグループ「和楽」に所属することになり、急きょ、大晦日のカウントダウンイベントinペニンシュラホテルに出演させていただけることになったからです。

というわけで、白塗り、中高の日本髪、引き着、の写真をトップに載せてみました。この撮影の時が「和楽」での初白塗りだったのですが、実際は、目のなかにシャベ(ねり白粉)が入ってしまい、かなりの涙目に〜。このお化粧じたい非常に難しいものなので、何とか頑張りたい……。ペニンシュラホテルのイベントの様子は、また改めてブログにアップしたいと思います。




そんなわけでバタバタしており、今年初めて年賀状も出していないという事態に……。失礼をしてしまった皆さま、本当に申し訳ありません!!!! 改めてご挨拶させていただけたら幸いです。

今年もどうぞよろしくお願い申し上げます!



おまけ。twitpicにもアップしましたが、虚空の鏡餅 in 浅草寺仲見世。


 
前のページへ|次のページへ