BLOG

<< 【着物】 踊りの会でのキモノ。性別逆転のエロス。 | main | 【着物】 速報! 月影屋新作浴衣グラビア発表!!! 題して、「火傷すんなよ、ヨロシク。」 >>
 

【着物】 珍しく「大正ロマン」なキモノ。帯のカッコイイ締め方ヒント。扇子の選び方。

2009.04.22 Wednesday



先日、着物スタイリストであり着付け師として著名な如月まみさんのホームパーティにお招きいただき、キモノでお伺いしました。というのも、蓼流小唄の名取・蓼胡真三(たでこまみ)さんとしても活躍しているまみさんの唄と三味線に合わせて、みなさんの前で踊らせていただくことになったからです…!  





そんなわけで急いで着たこの日のキモノは、光沢のある鼠色の単衣に、芍薬を染めたアンティークの昼夜帯。4月は本当は袷(あわせ)の季節だけど、蒸し暑かったので単衣(ひとえ)を着用。私にしては珍しく、大正ロマンなフンイキにしてみました(フインキじゃないですよ! 念のため)。

大正ロマンキモノの最大のお手本でもある傑作映画『それから』(スタイリングは北村道子さん)の藤谷美和子嬢のイメージで着付けしてみたんですけど、けどけどけど、何か足りない……と思ったら、ああ、そうだ! 松田優作が不足してるんだった……!!! 「好きな女を自分の親友に譲ったくせに人妻となったその女への想いは日ごと増すばかりでせっかく二人きりになれてもラムネ飲んだり黙り込んだり誠意大将軍こと羽賀研二に水を汲んでこさせることしかできず右往左往する金持ちインテリ坊ちゃん(ニート)」みたいなロマンティックなお相手がいないと、大正ロマンなキモノの意味が半減ですよ……ホント。求ム!!!! そんな優作(なひと)!!!!(無茶言うな、と自分でも思う) 




ついでにですが、最近、踊りのお稽古場の嘉兆先生(師匠のお母様)から、カッコイイ着姿を実現するためのちょっとした知識を教わりました! 

帯を締める際に、帯を二ツ折りにしてカラダに巻いていくということは、キモノに馴染みがない方もご存知ですよね? その際、二ツ折りにした「輪」の方を下にして締める、というのがキモノ着付け業界の基本なのですが、舞踊家の方たちは、その逆で、帯を二ツ折にした「輪」を上にして締めるのだそうです。何故なら、しょっちゅう、踊り用の扇子を帯に差すから。「輪」が下だと、うっかり扇子が「輪」の中に入っちゃったりして面倒なんですよ確かに! (差した扇子は、カラダに巻いた帯と帯の間に差すので。つまり、帯の上からも下からも出ているのが、普通なので)

というわけで、この日は、「輪」を上にして帯を締めてみました!



それに、「輪」を上にしたほうが、見た目もキレイじゃないですか? だって、帯はいつも上から見られますから。下から見られませんから。先日のエントリーで、踊りの会に参加したときの写真を載せましたが、このときは私は「輪」を下にして帯を締めていました(こちら)。それと比べてみると一目瞭然、「輪」が上のほうがスッキリキレイに見えるような気が。うん。私、これからはなるべく「輪」を上にして帯を締めることにします! 決して間違っちゃったわけではないので、あしからず(笑)。



この日も、帯の左に踊り用の扇子を差していますが、これも、浅草の文扇堂で購入しました。



扇子の骨が、黒く塗られています。これは、竹でできている扇子の骨に、漆を塗ったもの。先日のエントリーでご紹介した銀もみ(こちら)は、骨に塗りのないものでしたが、骨に塗りがないもののほうが「粋」で「玄人」っぽい感じになり、塗りがあるものだと「上品」で「(ある意味で)野暮」な感じになるんだそうです。これ、覚えておくと扇子選びのときに、ちょっとベンリかもしれませんね!




そんなわけですが、この日の「クラブ如月」に集まった方々、トンデモなく豪華で濃かったです……。そもそもパーティ自体が、キックボクサーである兼子ただしさんの試合勝利祝いパーティ。兼子ただしさんは、キックボクサーである一方で、杉本彩さんも通うストレッチ専門店「SSS(スリーエス)」を経営されている方。そんなカラダのプロの方から、「すごい姿勢がいい!」とお褒めの言葉をいただいた!! やったー! 

そのほか、セクシーな声とカワイイ顔のアンバランスさに誰もがやられるJ-WAVEの人気DJ・秀島史香さんとか、ゴシックでファビュラスでゴージャスなドレスやコルセットを扱う有名店「BabyDoll TOKYO」の女主人・緑川みらのさんとか、すごい美貌の女医さんとか、綺麗でカッコイイTVウーマンさんとか、名著『京都 佳つ乃歳時記』を執筆したゆかりさんとか、バーレスクダンスの女王TAMAYOさんもいらして、なんと! セクシーダンスも披露してくださったのでした♪(ブログによるとご本人は覚えていらっしゃらないようですが…笑) 




如月まみさんの着物本『如月まみのデイリー着物コーディネート
安野モヨコさんや野宮真貴さんなど、ミュージシャンやタレントの着物スタイリストとしても有名な、如月まみさんのキモノ本。着まわしのコツとか、半襦袢と裾よけのススメとか、男性の着付けの仕方も載ってたり、デイリーに気軽にキモノを楽しむための情報が載っている「使える」キモノ本です!



如月まみさんの着付けDVD『如月まみ 着物の手ほどきいたします
着付けDVDとしてだけではなく、着物をめぐる妄想映像満載なのがとても素晴らしく、着物DVDとしてとっても正しいあり方だと思いました(笑)!  



TAMAYOさんのセクシーでゴージャスなバーレスクダンス映像がギュッとつまった貴重なDVD『It's TAMAYO Time!!』。
今はなき新宿歌舞伎町のグランドキャバレー「クラブハイツ」で行われた、「BabyDoll TOKYO」の緑川みらのさんが主催した伝説のパーティでのゴージャスなショウも収録!!!! 実は私も、TAMAYOさんの弟子としてちょっとだけ出演していたりします(笑)。



キックボクサー兼子ただしさんのストレッチの本『やわらかBody=メリハリBody 〜カラダを育てる“日常生活”
まだ読んでいないのですが、ストレッチは自己流でいつもやっていて、興味津々。一度、ストレッチやりすぎて筋肉を傷めたことがあるので、正しいストレッチの仕方をちゃんと知りたい。ので、今週末、兼子さんのストレッチ専門店「SSS(スリーエス)」にいって体験してきます!



祇園甲部の芸妓・佳つ乃さんの美しい着物姿が堪能できる本『京都 佳つ乃歳時記
この本、オールカラーで写真も素晴らしいですし、情報量がもの凄く多くていい本ですよね。京都好き・美女好き・キモノ好きにはたまらない本。ちなみに、佳つ乃さんのブログはこちら




 
前のページへ|次のページへ